プロセキュート
【第137回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『地下室の手記』(ドストエフスキー)
実施日時: 2016年9月24日(土)14:00〜17:00
今月の会場: 向山庭園 茶室
西武豊島線・都営大江戸線豊島園駅・徒歩5分
参加費 : 250円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
今回とりあげる『地下室の手記』は、ドストエフスキーの作品群において前期と後期を分ける分水嶺として位置づけられることが多い作品です。
物語はペテルブルクに住むある男性の独白として綴られています。

主人公の「ぼく」は地下室に暮らしている。
20代の頃から役所勤めをしてきたが、去年遠い親戚が6000ルーブルの遺産を残してくれたのですぐに退職し地下室に引き籠って生活している。このような生活はかれこれ20年近くしてきたがどっかりと根をおろしたわけである。
「ぼく」は思う。まっとうな人間が楽しみながらできる話は自分のついての話題であると。なので「ぼく」は自分自身のことについて手記として書くことにした。

そのような理由を述べて本作品は書かれていきます。
主人公は回りの人間から注意を払われていないと感じ続けて生きてきました。
自ら自分を貶める行為や読書にのめり込むことで現実から逃避しようとする一方で、自分を認めてもらいたいと特定の他人を恨んだり決闘をしようとしたり道ですれ違う場面で決して譲ろうとしないことに異常な執着をもったりする。

自分自身の内面で起きる葛藤と他者との関わりとの均衡が微妙に不安定のまま日々の生活を送る姿に、誰もが感じている日常の自分自身の心の動きを重ね合わせる人も少なくないのではないかと思います。
結論らしきものはないのかもしれませんが、私達に内在する心の葛藤をドストエフスキーの作品を通して一緒に考えてみたいと思います。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2016 PROSECUTE All Rights Reserved.