プロセキュート
【第147回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『五重塔』(幸田露伴)
実施日時: 2018年4月29日(日)14:00~17:00
今月の会場: 向山庭園 茶室
練馬区向山3丁目1−21
参加費 : 300円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
大工としての腕は確かなものを持つが性格が愚鈍のため軽んじられてきた十兵衛。
谷中感応寺に五重塔が建立されることを聞いた十兵衛は、どうしてもその仕事を自分がやりたいという熱意を抑えきれず、住職の朗円上人に任せてもらいたいと嘆願する。

谷中感応寺の普請は川越の源太が請け負うのが筋である。加えて十兵衛は日頃から源太の世話を受けていた。
住職の朗円上人は、十兵衛の熱意と技量を認めると同時に彼の不遇を憐れみ、十兵衛と源太両名で話し合って決めるように話す。
朗円上人の気持ちをくみ取った源太は、十兵衛の家を訪ねて一緒に五重塔を建立しようと提案するが・・・。

十兵衛と源太の思いと生き方が交錯し、不器用にぶつかりながら五重塔の建築が進んでいきます。
果たして五重塔は無事に建立されるのか、そして起きた出来事に二人はどのように対処していくのでしょうか。
人生をかけた仕事を通して、それぞれの生き様を読みとおしていきたいと思います。

読書会『桂冠塾』についてのお問合せ



【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2018 PROSECUTE All Rights Reserved.