プロセキュート
【第118回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『ハムレット』(シェイクスピア)
実施日時: 2015年2月21日(土)14:00〜17:00
今月の会場: 勤労福祉会館 和室(小)
西武池袋線大泉学園駅・徒歩3分
参加費 : 350円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)

『ハムレット』は、シェイクスピアの代表作の一つであり、5幕から構成された悲劇の戯曲です。
正式な題名は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)。
初演は1601年か1602年とされており、作品としては1600年頃、シェークスピアが36歳頃に構想されたとされています。

戯曲の出版は当時も上演後に編纂されることが多く、『ハムレット』も例にもれず出版までしばらくの期間がかかっています。
最初に出版された本は1603年の発刊された四折本(クウェート版)であることからQ1と呼ばれますが、これはシェイクスピアの自筆によるものではなく、戯曲を観劇した者による作とされており、その後の発刊のものよりもかなり短く不完全とされています。

信頼できる版として、1604年の第二クウェート版(Q2)と1623年に発刊されたFもしくはF1と称されるフォリオ版(二折本)があります。2つの間にはそれぞれ欠けているせりふがあり、日本で上演される演劇の場合は、Q2とFを折衷して底本とすることが多いです。

今回は福田恒存訳(※)、河合祥一郎訳を中心に読み進めたいと思います。

Frailty, thy name is woman.
To be or not to be, that is the question.

シェイクスピアがハムレットに託したテーマは何だったのか。一緒に考えてみたいと思います。

※日本語変換の都合上、当用漢字での表記とさせていただきました。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2015 PROSECUTE All Rights Reserved.