プロセキュート
【第119回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『どん底』(ゴーリキー)
実施日時: 2015年3月14日(土)14:00〜17:00
今月の会場: サンライフ練馬 第二和室
西武池袋線中村橋駅・徒歩5分
参加費 : 350円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
今回はマクシム・ゴーリキー作『どん底』です。
1901年冬から1902年春にかけて書かれた戯曲であり、ロシア社会の貧困層の生活が描かれています。

今回取り上げる作品はロシア文学の一角を構成する社会主義リアリズム文学の代表作とされています。
当時のロシア社会の貧困層が描かれ、木賃宿を舞台に住人達の物語が展開されます。本作にはメインストーリーがなく主人公もいない、いわゆる群像劇です。

ゴーリキーの戯曲は知識階級を描いた作品が多いとされていますが、本作はゴーリキーの初期作品に見られるルンペンプロレタリアートが描かれています。
ゴーリキー作品の特色と言われるロマンティシズムの面影はまだ見られず、リアリズムが作品全体を貫いています。また本作品はゴーリキーのルンペン時代を葬る挽歌、訣別の辞としても知られています。

作品の前半は木賃宿での荒んだ日常生活の描写に費やされます。
錠前屋の妻アンナは病気に伏しています。
木賃宿の住民たちは自分達のことで精一杯で彼女のことを気遣うそぶりもなく、やがてアンナは死亡します。
アンナの死を契機にコストゥイリョフの妻ワシリーサは、夫から自由になることを画策します。ワシリーサには情夫ペーペルがいるが既に心は彼女から離れており、彼女の実妹ナターシャに求愛していました。
姉夫婦の家に居候していたナターシャは姉の夫から虐待を受けていました。

ワシリーサはペーペルに、夫を殺害すれば妹と結婚させ300ルーブリを提供すると共謀を持ちかけます。夫を殺せば、ナターシャと結婚できて虐待から逃れられることもできる。ペーペル自身もコストゥイリョフに2度も牢屋に送られた恨みを晴らすことができる。ワシリーサは夫と別れることができる。皆が幸福になれるのだと説得する。
ペーペルはワシリーサの誘惑にのり、コストゥイリョフを殺害します。
万事計画通りに事が運んだかに見えましたが、その時ワシリーサは予想外の行動に出たのです。
それは...

日本人にとって『どん底』と言えば黒澤明監督の映画として知られています。
ゴーリキーの本作品を、黒澤明監督が小国英雄と共に翻案脚色し、舞台を日本の江戸時代に置き換えて、貧しい長屋に住むさまざまな人間の人生模様を描いた時代劇映画です。原作のモチーフを忠実に映画化した作品としても有名でしょう。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2015 PROSECUTE All Rights Reserved.