プロセキュート
【第120回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『八十日間世界一周』
実施日時: 2015年4月29日(水祝)14:00〜17:00 ※2月中に確定します。
今月の会場: サンライフ練馬 第二和室
西武池袋線大泉学園駅・徒歩5分
参加費 : 350円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)

物語の始まりは1872年10月2日のロンドン。
主人公フィリアス・フォッグは当時の富裕層を代表するような独身貴族。彼の生活は几帳面で正確、楽しみはトランプゲームだった。それ以外の私生活は謎に包まれており、裕福な生活を支える資金源も不明である。
ロンドンの紳士クラブ「改革クラブ」の一員である。

彼の元執事はフォッグのひげそりに使うお湯の温度を1℃間違えたことが原因で解雇され、新たに規則正しい生活を望んでいたフランス人のパスパルトゥーが新しい執事として雇われた。

パスパルトゥーが雇われた日の夜、「改革クラブ」でフォッグは他の紳士らと『デイリー・テレグラフ』紙に掲載された記事が話題になる。
「イギリス領インド帝国に新たに鉄道が設けられた」という記事を元に、フォッグは「これで世界を80日で一周することが可能になった」と主張したのだ。

フォッグは自らの全財産の半分、20,000ポンドを旅費に当て、残りの半分を元手にクラブの友人達と掛けをを行うことになった。
「80日間で世界一周を行うことができるかどうか」である。
80日間で世界一周して帰ってくればフォッグの勝利、80日間で帰って来れなければフォッグは全財産を失うのである。

新しく執事になったばかりのパスパルトゥーを従えて、彼は即日出発します。
10月2日午後8時45分発の列車でロンドンを出発したフォッグとパスパルトゥーは、80日後の12月21日の午後8時45分までに帰ってこれるでしょうか。
世界中の冒険小説ファンを魅了した名作を読み進めてみたいと思います。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2015 PROSECUTE All Rights Reserved.