プロセキュート
【第129回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『白痴』(ドストエフスキー)
実施日時: 2016年1月30日(土)14:00〜17:00
今月の会場: 練馬区勤労福祉会館 和室(小)
西武池袋線大泉学園駅・徒歩3分
参加費 : 350円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
今年最初の本はドストエフスキーにしました。
桂冠塾では『貧しき人びと』『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』に続いて4作品目になります。

物語はペテルブルク=ワルシャワ鉄道の車内から始まります。
時代は明記されていませんが書かれている内容から作品が書かれている時代と同じ1860年代であることがわかります。

癲癇の持病がありスイスの病院で治療静養していた26〜27歳の青年ムイシキン公爵は、27歳くらいの青年ロゴージンと乗り合わせます。
ムイシキン公爵は援助者の死に伴い縁故のあるエパンチン将軍夫人を頼ってロシアに帰国、ロゴージンは父の死によって莫大な遺産が入り急ぎ自宅に戻る途上。それぞれの理由でペテルブルクへ向かっていました。
ムイシキンは車中で、ロゴージンが求愛しようとしているナスターシヤの経歴や彼女を囲い者にしていたトーツキーのこと等を聞きます。

ペテルブルクに到着したムイシキンはエパンチン家を訪れます。将軍夫妻と三姉妹に会い、一家の好印象を得ます。この時彼は、将軍の秘書ガウリーラ(ガーニャ)が金のためにナスターシヤと結婚しようとしていることを知ります。この結婚は、自分の悪行を許さないナスターシヤを結婚させて自分はエパンチン家の長女と結婚したいトーツキーと、トーツキーの名声と資産をあてにしたエパンチン将軍の策略でした。一方のナスターシヤは、家族の中で自分の人生を復活させたいと思いこの結婚に同意していました。

最初に出会ったときからナスターシヤのことを「清らかなまま」だと言い、ナスターシヤはムイシキンのような男が現れるのを夢見ていたという。ムイシキンはその場でナスターシヤに求婚します。
物語の冒頭から波乱万丈の純愛小説のような様相を呈しているかに思える展開ですが、ナスターシヤはムイシキンに惹かれながらもロゴージンの元に走ってしまいます。それも複数回にわたり。
一方で純愛を通すかに思えたムイシキンはエパンチン家の三女アグラーヤと婚約することになります。
その後も予想外の展開が何度にもわたって繰り広げられていきます。

いったい何がナスターシヤをそのような行為に走らせたのか。
ムイシキンの真意はどこにあるのか。
そして物語の結末はどこに行ってしまうのか。

表面上は恋愛小説のごときプロットで展開される『白痴』ですが、その本質にはドストエフスキーが悶々と悩み続けてきた信仰と生命に関する思索と疑問とが投げかけられています。
当時のロシアとロシア正教、そしてキリスト教そのものが抱えていた暗闇も大きく影響していたこの作品を一緒に読み進めてみたいと思います。
皆様の参加をお待ちしております。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2016 PROSECUTE All Rights Reserved.