プロセキュート
【第130回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『異邦人』(カミュ)
実施日時: 2016年2月20日(土)14:00〜17:00
今月の会場: 練馬区 生涯学習センター
西武池袋線練馬駅・徒歩7分
参加費 : 250円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
今月はカミュの作品です。
桂冠塾では第4回(2005年7月)で『ペスト』を取り上げて以来2作品目となります。取り上げていなかったことに意外な感じもあります。

きょう、ママンが死んだ。

この一節から始まるカミュの代表作。当時フランスの植民地だったアルジェリアの首都アルジェに住む青年ムルソーが殺人を犯して裁判で死刑が宣告される小説です。

母の死亡の知らせを受け取った私(主人公ムルソー)は80Km離れた養老院に向かい、淡々と葬式を行ないます。
翌日、久しぶりに再会した女性と情事を行なってしまいますがムルソーにとっては母の死によって動じたわけでもなく、その後も普通の生活を送ります。
母の死から2週間後の週末。ムルソーは友人のトラブルに巻き込まれて、アラブ人を拳銃で殺害してしまいます。

最初の一発を放ったあと、4発の弾丸を撃ち込んだムルソーは、母の死の後も淡々と暮らしていることを理由に冷酷な人間であると糾弾され斬首刑を宣告されます。

「太陽が眩しかったから」

殺人の理由を問われたムルソーはそう答えました。
映画化されて有名になった一言でもあります。

作品の最終盤(第2部第5章)では御用司祭とのやり取りが克明に再現されます。
人間にとっての幸福とは何か。
自身とまわりとの人との価値観、感受性の相違によって、自分自身の言動が意図しない意味で受取られていることはないだろうか。
私達の現実の人生において、他者の恣意的な言動によって、自分自身が意図しない罪に問われることはないのだろうか。
様々な複雑な思いを思い起こさせられるという意味でも問題作品と言えるしょう。
執筆された時代背景も考慮しつつ、生きることの不条理を追求したと言われるカミュの作品を一緒に読み進めてみたいと思います。


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2016 PROSECUTE All Rights Reserved.