プロセキュート
【第49回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『二都物語』(ディケンズ)
実施日時: 2009年4月25日(土)14:00〜17:00
今月の会場: 勤労福祉会館 第二和室
西武池袋線大泉学園駅・徒歩3分
今月はディケンズ作『二都物語』を取り上げます。
発表されたのは1859年。物語の舞台はフランス革命前夜ですが、いわゆる歴史小説ではありません。かつて英語の教科書や副読本に取り上げられる常連の作品でもあったことからイギリスの好きな作家としてディケンズの名前が挙がることも多いようにも思います。

フランス貴族出自を隠してイギリスに暮すチャールズ・ダーニーと、鬱積した人生を送っていた若き弁護士シドニー・カートンが主人公。カートンは腕利きのストライバー弁護士と組んで酒を浴びながら次々と訴訟をこなす生活を送っている。チャールズ・ダーニーとシドニー・カートンは容姿が似ていた。ストライバーとシドニー・カートンはそのことを事例として、チャールズ・ダーニーにかけられたスパイ容疑を晴らすことに成功する。
ダーニーは渡英する船でルーシーに出会う。彼女の父は18年間捉えられていたバスチーユ牢獄から出獄し、父娘でイギリスに帰る途上であった。
ダーニー、カートンの二人がルーシーに思いを寄せるところから舞台は大きく回転していきます。ルーシーに求婚したチャールズに遠慮して人生に絶望し生活が荒れていたカートンは自ら身を引く。幸せな暮しを始めたチャールズ夫妻であったが、かつて従者であったギャベール父娘が窮地に陥ったことを知り、自らの身の危険を省みず一路フランスに向かう。
彼の身を案じたルーシー親娘に付き従ってカートンもフランスに渡る。
ダーニーは裁判にかけられ...。

邦訳した中野好夫さんの辛口の書評に影響されたのか通俗小説と言われることもある作品ですが、世界で2億冊が読まれている作品です。
その評価は各人が読了して考えてみるのがよいと思う一冊です。


http://prosecute.way-nifty.com/blog/2009/05/49-d9f0.html


【当日配布の資料より】
章立て

第一巻 よみがえった
第一章 時代
第二章 駅伝馬車
第三章 夜の影
第四章 準備
第五章 酒店
第六章 靴職人

第二巻 黄金の糸
第一章 五年後
第二章 見世物
第三章 失望
第四章 祝い
第五章 山犬
第六章 何百という人々
第七章 パリでの貴族
第八章 田舎での貴族
第九章 ゴルゴンの首
第十章 二つの約束
第十一章 双幅の一枚
第十二章 粋人
第十三章 無粋者
第十四章 正直な商人
第十五章 編物
第十六章 編物は続く
第十七章 ある夜
第十八章 九日間
第十九章 専門医の所見
第二十章 訴願
第二十一章 足音はこだまする
第二十二章 波はなお高まる
第二十三章 火は燃えあがる
第二十四章 磁石は巌に吸い寄せられて

第三巻 嵐の跡
第一章 秘密に
第二章 回転砥石
第三章 暗い影
第四章 嵐の中の凪ぎ
第五章 樵夫
第六章 凱旋行列
第七章 扉をノックする音
第八章 カルタの手札
第九章 勝負
第十章 暗影の実体
第十一章 薄暮
第十二章 闇黒
第十三章 五十二人
第十四章 編物は終わる
第十五章 足音は永久に消える


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2008 PROSECUTE All Rights Reserved.